第5回スポーツツーリズム・カンファレンスに参加してきました

日本スポーツツーリズム推進機構主催の第5回スポーツツーリズムカンファレンスに参加してきました。
http://sporttourism.or.jp/articles/announcements/20160913_5051.html

パナソニック株式会社、経済産業省の方の基調講演の後、分科会が行われました。

私は、

前半は『スポーツとまちづくり』

後半は『プロスポーツと地域活性化』

に参加しました。

 

とても印象に残ったことは、

これまでのコストセンターとしてのスポーツから、

プロフィットセンターとしてのスポーツへ、

つまり、産業として稼ぐことのできるスポーツ

への変革が進んでいるとのこと。

海外と比較しても、日本はまだまだスポーツ産業として伸びる余地があるとのことでした。

また、地図のゼンリンの方からは、自転車スポーツイベントでの地図づくりにおいて、

運営情報などソフト面の地図作りの重要性が語られ、大変興味深い話でした。

今回のカンファレンスでは、自転車の話題はまだまだ中心となる話題ではありませんでしたが、これからは

スポーツツーリズムと言えば「自転車」

と言われるように取り組んでいきたいと思います。