自転車ルート設定

p1000155m

自転車は“地域活性化・集客のツール”としても活用できますし、コンパクトシティや人と環境に優しい交通政策など、“安全で持続可能な地域づくりのツール”としても活用できます。

 

自転車ルートといっても、その目的により、様々な手法が考えられます。具体的には次のようなものが考えられます。

  1. 観光で来た人が走りたくなるルート1(上級ユーザー向けの走ることを楽しむルート)
  2. 観光で来た人が走りたくなるルート2(お年寄りや子どもが楽しめるルート)
  3. 普段の生活で安全に移動するためのルート(危険マップなど)

 

バイシクルプラスワンではルート設定の目的や、地形、地域の観光資源の状況など、地域特性を踏まえ、適切なルート設定を行います。

自転車の活用を通して、「人」と「企業」と「地域」の活性化を目指します