「自転車よもやま話」カテゴリーアーカイブ

サイクリングアイランド四国(その2)

先日「サイクリングアイランド四国」のイベントの様子をお伝えしましたが、そこで伺った“四国の取組み”についてご紹介したいと思います。

一部においては愛媛県だけの取組みになっていますが、これから四国全土に拡がっていくことでしょう!

 

1 自転車に関する理念と計画

 

まず何といっても理念が素晴らしいです。

愛媛県の理念は「自転車新文化の創造」

なんと県政において「自転車」を中心的な役割においているのです。

そして、なぜ自転車新文化をつくるのかというと

「健康・生きがい・友情づくり」

のためだと言うのです!

「健康」は自転車では良く言われる効果ですが、

自転車は「生きがい」や「友情」といったものにまでつながるということ! ただの乗り物として自転車を位置付けるだけでなく、自転車によってそこまで考えているとは、かなり深いなぁと感心してしまいます。

そしてそれを実現するための取組も、段階的に計画されているところが素晴らしいところです。

もう一つ素晴らしいところは、市町村単位や都道府県単位の枠にとらわれていないところ。行政で取り組む場合は、境界にとらわれてついつい小さくなりがちですが、四国というもっと大きな世界を見ている点が、本当に最先端という気がいたします。

 

 

2 吸引力のある「観光資源」の開発

 

自転車を観光資源と捉える動きは、全国的に広がってきていますが、「しまなみ海道」などの強力なコンテンツがなければ、多くの観光客を引き付けることはなかなか難しいところです。

今回、四国において取り組んでいるのは、全体と部分の融合です。

1000kmに及ぶ「四国一周ルート」は骨格という考えのようです。そして、それだけではなく各県において、それぞれが魅力的なルートをまた準備しています。全体では「四国一周」という骨格となる強力な観光資源をつくりながら、部分としての各県での取り組みを融合させていることがまた素晴らしいところです。

その他も含めて「観光資源開発」の取組みをまとめると、次のようなものがあげられます。

  • 全体(骨格)と部分のメリハリをつけた観光資源開発
  • サイクリストの聖地化
  • レンタサイクルの整備
  • 企画イベントの実施

企画イベントとしては、「四国一周チャレンジ1000kmプロジェクト」を現在実施しています。

 

3 快適な自転車走行と移動の実現

 

快適な自転車走行は、自転車の取組みにおいては必須の条件ですが、四国はその規模が違います。

次のような取り組みがあげられます。

  • サイクルオアシスの整備
  • 走行空間整備(ブルーラインなど)
  • サイクルレスキューの整備
  • サイクルトレイン、サイクルバス
    (予土線・松山・西条・特急、伊予鉄など)
  • 手荷物一時預かり
    (松山市駅前、東予港)
  • 手ぶら観光サービス
    (松山市・松山駅・松山空港・松山観光港→宿泊先へ配送)
  • 自転車梱包用段ボールの預かり
    (松山空港)
  • 輪行袋レンタルサービス
    (今治駅、松山駅、宇和島駅)
  • 整備・組立スペース(サイクルステーション)の設置
    (松山空港・東予港。空港では工具も貸出し)
  • 更衣室の設置
    (松山空港)

本当はそれぞれもっと説明したいのですが、ものすごい量になりそうなので、またの機会に譲りたいと思います。

サイクルオアシスはなんと、愛媛県内で300か所以上にもなっているそうです。

 

4 安全の確保

 

安全は全ての基本です。特に愛媛県立学校でのヘルメット義務化などは、既に県内全体に取り組みが波及し、むしろ時代の最先端を行っているという気持ちで学生たちも誇りに感じているようです。

  • 思いやり1.5m運動
  • ヘルメット義務化
  • 自転車安全利用促進条例
  • 安全イベント・安全教室の実施
  • (自転車保険加入促進)

 

5 広報活動

 

広報活動も非常に力を入れています。

  • 国際大会の開催
  • 「サイクリングの日」を設定
  • 自転車イベントの実施
  • ポータルサイトの構築
  • 自転車都市との姉妹都市交流
  • 企画イベントの実施

広報活動の一環として「若者応援プロジェクト四国一周サイクリングChallenge!」が実施されました。

若者にとっても非常に貴重な、忘れられない体験が得られたようです。

 

6 自転車の普及

 

観光に目が行きがちですが、普段からの自転車普及活動にも積極的に取り組んでいます。

  • 自転車通勤の促進
  • タンデム自転車走行

 

 

今後の課題

 

今後の課題としては、次のようなものが指摘されていました。

  • 電動アシスト自転車の改善
    (速度によるアシスト比率の改善)
    (バッテリー容量による走行距離の限界)
  • サイクリングガイドの養成
  • 語学力強化によるインバウンド対応

どれもこれからの開発や取組みが非常に重要で、私たちも積極的に貢献していければと思います。

 

サイクリングアイランド四国

いま四国がアツい!


“SHIKOKU”

なんとも良い響きです。

皆さんは四国に行かれたことはあるでしょうか?

最近では世界的にも有名になった自転車の聖地“しまなみ海道”は、広島と愛媛を結ぶ観光名所となっています。

そんな四国がいま、サイクリングアイランドとして生まれ変わろうとしています。

しまなみ海道で有名になった愛媛県ですが、四国にはまだまだ知られていない良い観光名所がいっぱいあるのです!

 

四国のイベントが行われました

3月23日に自転車カフェOVEで「サイクリングアイランド四国」を紹介するイベントが行われました。

これはOVEと自転車活用推進研究会(以下「自活研」)の共催で開かれたイベントです。

なんと四国のおいしい食材が味わえるお弁当つき!
(なんと写真を撮るのを忘れてしまいました・・・)

しかし、本当においしかったです。

そして、イベントでは四国の観光名所を全県から紹介していただけました。

どの県もとても素敵な景色や映像を見せていただいたのですが、自転車の観光にも力を入れているようでした。

サイクリングアイランド四国

そして後半はサイクリングアイランド四国の紹介。

いま、しまなみ海道の成功にとどまらず、四国全域で自転車観光を盛り上げようという動きが盛り上がっています。

まず何といっても“四国一周!”

なんと1000kmにも及ぶ距離の四国をサイクリングで一周してしまおうという試み。見どころもたくさんあり、とても魅力的な道のりです。

その他にも、とても魅力的な取り組みばかりですので、たくさん紹介したいのですが、それは次号でご紹介したいと思います!

 

シェアサイクルは日本に根付くのか?(その2)

自転車シェア 都心を快走

昨日の朝刊ですが、日経社会面でシェアサイクルが大きく取り上げられていましたね。

自転車シェア 都心を快走(日経2017年7月31日朝刊)

 

2016年のデータなので、あらためて整理したような内容でしたが、簡単にここでも確認しておきましょう。

  • 東京都心7区の「自転車シェアリング」の利用が急増
    (2012年度2万回利用→2016年度180万回(90倍))
  • 地域内に約300の専用駐輪場
  • 4200台を用意
  • 国は自転車の利用を促進(通勤時のバスや鉄道の混雑緩和)
  • 国土交通省によると100自治体が自転車シェアを実施
    (2016年10月。都市部だけでなく観光地にも広がっている)

代表的な自転車シェアリング

  • 東京7区自転車シェアリング 180万回/4200台(1.17回/台・日)
  • 岡山市ももちゃり 48万3448回/332台(3.39回/台・日)
  • 横浜市baybike 22万2000回/415台(1.47回/台・日)
  • 鹿児島市かごりん 13万8446回/174台(2.18回/台・日)
  • 札幌市ポロクル 8万5763回/350台(0.67回/台・日)
  • 富山市アヴィレ 7万4435回/200台(1.02回/台・日)

ももちゃりの回転率がずば抜けていますね。
札幌市は雪の影響があるのでしょう。単純に365日で割って計算してみました。

これからの課題

課題もいくつか挙げられていました。

  • 使いたいのに自転車が残っていない、といった苦情も多い
    (東京7区シェアリング)
  • 安全面の課題(自転車対歩行者事故が減らない)
  • 自転車通行空間の整備計画が進まない(2016.4現在、策定率1割)
  • 欧州などと比べ、日本は自転車向けの環境整備が遅れている
  • 自転車通勤を禁止している会社もまだ多い

課題の方はシェアリングに限らず、自転車全体の課題のようです。

環境整備とシェアリングの普及が同時並行で進んでいくと良い相乗効果が出て、うまく進んでいきそうですね。

自転車活用推進法に関する書籍が発売になりました

自転車活用推進法に関する書籍が発売になりました。

「自転車活用推進法がわかる! 新・自転車“道交法”BOOK」
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/mook-435314/
(エイ出版社WEBサイト)

 

2017年5月1日に自転車活用推進法が施行されました。
http://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/new.html
(国土交通省WEBサイト)

しかし、この法律によって社会がどう変わるのか、自転車環境がどう変わるのか、まだ具体的な方向性は見えません。

そんな中、いま一番そのことに詳しい人たちが書いたといって間違いないでしょう。
これは2014年2月に発刊された「自転車“道交法”BOOK」の改訂版にあたるもので、法律の解説本ではありませんが、冒頭の16ページにわたって法律の解説に充てられています。

また、法律を含めた最新の情報を踏まえた内容に改訂されています。

ぜひこれを読んで、もう一度、自転車の走り方と交通安全について再確認しておきたいところです。

シェアサイクルは日本に根付くのか?(その1)

シェアサイクルとは

シェアサイクルとは、いま流行りのシェア(共有)を、自転車ですることです。

レンタサイクルやコミュニティサイクル、貸し自転車など、呼び方は様々ですが、シェアサイクル協会というものがありますので、今後はこの呼び名で統一してほしいものです。

東京都に住んでいる私は、都内でもこのシェアサイクルを使う機会が度々あるのですが、いま最も勢いのあるシェアサイクルはなんといってもこれでしょう。

ドコモ・バイクシェア
http://www.d-bikeshare.com/

東京中心部の6区をはじめ、仙台、横浜、広島など日本全国でその活動を広げています。

なんといっても、あのドコモのグループ会社。ドコモがこのために会社を作って行っているのです。

東京都内では、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区に展開され、自治体を超えて、どこで借りて、どこで返してもよいシステムになっています。
(※本当は期間限定の実験でしたが、無期限で延長しているようです。)

月額会員はじめました

これまでは1日利用で、使った分だけ支払っていたのですが、今日から月額会員になって、定期的に使ってみようと思います。

これから使用感と、これからのシェアサイクルのあり方について、報告していきたいと思います。

まずは今日乗ってみた所感から。

30分は短い。乗るならチョイ乗りがおすすめ

30分までは月額基本料2,000円で乗れるのですが、30分を超えると超過料金がかかります。まあ超過100円なのですが、なんとなく30分以内に収めようとしてしまうのは、人間が小さいからでしょうか?
近場をさっと行き来するのはよいですが、遠い距離はちょっとせわしないかもしれません。
今日は、江東区の東雲から、港区の新橋まで。だいたいちょうど30分くらい。景色とライドを楽しむ余裕を持つなら、長距離利用はよくないかもしれませんね。

外国人観光客も使えるように

今日に限った話ではありませんが、外国人観光客が乗っている姿をほとんど見かけません。
海外のシェアサイクルでは、観光客も乗っているようですので、そうなってくると、本物かな、と思えますね。

ママチャリは良い

いつもロードバイクやクロスバイクに乗っている人には物足りないかもしれませんが、ママチャリ良いです!

なにせスピードが出ない(笑)

これなら大きな事故につながる危険性は大きく減ります。

クルマに抜かれる時も、スピードが出ないから無理に張り合おうとしないで、クルマとの関係もうまく保てそうな気がしました^^

 

以上、簡単ですが、今日の所感です。

これからまた報告していきたいと思います^^

立地適正化計画と自転車

日本経済新聞の新紙面

今日から日経新聞が新紙面になりましたね。

 

その記念すべき日の1面のタイトルは「300自治体 まち集約」
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDC03H1G_T00C17A3MM8000/

急速な人口減や高齢化を受けて、300を超える市町村が計画的にまちを縮めて自治体機能を維持しようとしていることがわかった。(中略)国土交通省によると、309市町村が立地適正化計画と呼ばれるコンパクト化の構想をまとめる。

とのこと。

立地適正化計画とは、2014年に改正した都市再生特別措置法によって推進されている計画で、住宅や商業、公共施設などを集約し、コンパクトなまちづくりを目指す計画のことです。

立地適正化計画によって自治体への交付金の額が変わってくることなどもあり、今後もこの流れは続きそうです。

 

自転車がますます注目

今回の記事では「自転車」については全く触れられていませんでしたが、コンパクトな都市づくりには「自転車」は切っても切り離せないもの。これから自転車がますます注目されることも間違いなさそうです。

既に自転車のまち宇都宮市ではLRTの実現に向けて動き出していますしね。
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/index.html


↑(宇都宮市パンフレットより)

これからが本当に楽しみです。

 

ブロンプトンのタイヤを交換してみました

こんにちは。河村です。

愛車の一つ、ブロンプトンのタイヤがだいぶすり減って来ていたので、変えることにしました。

 

思えば、購入したのはもう5年ほど前でしょうか。
ちょっと遅いくらいですね。反省。

横浜のグリーンサイクルステーションさんで購入しました。
http://www.gcs-yokohama.com/

タイヤ交換ですが、パンク修理とは違って難易度も高いので、皆さんは購入したお店や信頼できるお店にお願いしてくださいね。

↓ブロンプトンの正規取扱代理店ミズタニ自転車さんのショップリストはこちら
http://www.mizutanibike.co.jp/shoplist/index2.php
(ブロンプトンの取扱については、各店舗にお問い合せください)

僕の場合は安全整備士なので、さすがに自分でやらないとダメでしょ、ということで交換してみました。

なのですがブロンプトンは一つ一つのパーツが特別仕様だったりするので、注意が必要です。

前輪を交換。折り畳みのためのフックがついていてちょっとやりずらいですが、問題なく完了。

後輪も同じように・・・、と思ったところ、そういえばこんなディレーラーが付いてたなぁ・・・

 

とりあえず両側のハブナットを外してみます。

これはどうやって外すんだろうか・・・

おっと外れました。

 

さらに中にハブナットが一つ。

ハブコーンレンチがあった方がいいですね。

外れました。

タイヤ交換して取り付け。

あれ、どんな形だったっけ?

 

元の自転車の写真を見返して確認。なんとかもとに戻りました。

 

やはりブロンプトン。お店に頼んだ方が安心なようです^^