「イベント」カテゴリーアーカイブ

デンマークの自転車交通:自転車活用推進研究会の講演より

本日は、NPO自転車活用推進研究会の緊急特別国際セミナーがありました。
https://www.cyclists.jp/seminar/20181012.html

「デンマークの自転車文化と子どものための自転車教育」と題して、デンマークの都市プランナー、ロッテ・ベックさんの講演でした。

子どもの自転車教育の話が中心とのことで、交通政策の話は少なかったのですが、講演後に質疑応答の時間をたくさんとっていただき、すごくためになる内容でした。

ぜひとも紹介したい内容でしたので、報告させていただきます!

 

<ものすごく簡単にまとめた今日の話の内容>

以下、気になった部分だけメモした内容ですが、ご紹介です。

  • Kindergardenでの自転車教育はゲーム形式。まずは楽しむことを重視した内容。
  • 1942年から自転車テストを行っている。8-9歳時や12歳時の警察テストなど段階があるとのこと。ただし、8-9歳では1人で自転車に乗るのはまだ危ないとのこと。
  • デンマークではRoad Safety Councilの存在が非常に大きい。警察に対する教育までやっているとのこと。

 

<日本の自転車交通を良くするために何が必要か?>

最後の質問で、「日本の自転車交通にとって何が必要か?」という素晴らしい質問が出されて、その回答がとても参考になりました!実際に日本の道路を走ってみての感想を踏まえて、デンマークとの違いで語っていただきました。

 

  1. まずは乗っている人が安全だと感じられること(=安心)がとても大事
  2. はっきりと走行レーンを分けることがとても大事(デンマークは車道、自転車道、歩道がすべて段差で区分けされている)
  3. 日本はルールを守っていない(ことがデンマークと違う)
  4. 駐輪場がないことも問題(都庁の職員が自転車通勤したくても、駐輪場がなくてできない)
  5. 「●●kmここからここまで走らせる」という目的を持ったネットワークが必要
  6. デンマークは、国道・都道・市区町村道などの道路管理者の縦割りによる弊害があまりない(一体で整備できる)
  7. デンマークは、電車に自転車を載せられるから、雨や雪が降る時でも安心して自転車で走ることができる

 

いろいろありますが、まずは最初に言っておられた「安全を感じる」ための取組みをやっていきたいですね!

 

自転車まちづくりセミナー開催報告

10月5日(金)夜19時から、自転車まちづくりセミナー「ヨーロッパのまちづくりと自転車生活」を開催いたしました。

当日は、自転車好きな方、コンサルタントの方、まちづくり関係者、行政の方、教育関係者、環境問題に関心の方など、様々な経歴をお持ちの方にお集まりいただきました。

ご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました!

また、開催に当たりご協力をいただきました皆さん、本当にありがとうございました!

ヨーロッパの視察は4回目になりますが、あらためて見聞きしたこと、そして感じたことを中心にお話をさせていただきました。

お伝えしたいことがたくさんあって、資料が多くなってしまい、駆け足の説明になってしまったことを反省しています。
また、報告だけでなく意見交換や議論を大切にしたいと考えておりましたが、深い議論にまで至らなかったのは、運営側の企画力不足とこちらも反省しております。

これらの反省点は次回に活かして、より充実した内容のセミナーを今後も開催していきたいと思います。

 

また、いただきましたアンケートの結果もここで共有させていただきます。

参加者アンケート結果

次回に向けて、深い議論を求めていただいたこと、様々なテーマをご希望いただいたことを胸に、次回の企画に活かしたいと思います。

ありがとうございました。

セミナー「ヨーロッパのまちづくりと自転車生活」を開催します!

環境先進都市として有名なドイツの「フライブルク」とフランスの「ストラスブール」。8月に現地を視察してきたメンバーが、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、各都市の現状と自転車まちづくりの現在をお伝えします。現地の取組みや感じたことを、多くの人と共有し、日本での自転車まちづくりが進むきっかけにしたいと思います。
一方的にお話するだけでなく、意見交換をしながら、日本において自転車まちづくりを進めるために何が必要か、何が課題かを、参加者全員で考えたいと思います。

 

■こんな方におすすめです。
・自転車が好きな方
・自転車に関心がある方
・まちづくりに関心がある方
・環境問題や持続可能社会に関心のある方
・ヨーロッパの交通に関心のある方

■プログラム
受付 18:30~

<第1部>
講演 19:00~20:30ころ
・まず最初に 日本の自転車の現状は
・フライブルクの概要
・フライブルクのまちづくり(自転車、環境など)
・ストラスブールの概要
・ストラスブールのまちづくり(自転車、環境など)
・周辺都市のまちづくりと自転車(ドイツ、オランダ、イタリア各都市)

質疑、意見交換 20:30ころ~21:00
・日本で自転車まちづくりを進めるには
・日本で環境先進都市をつくるには

<第2部>
交流会 21:00~22:00

■メインスピーカー
河村 康孝(かわむら やすたか)
VOLバイシクルプラスワン株式会社 代表取締役
河村中小企業診断士事務所 所長
<経歴>
大学卒業後、都市計画コンサルタント会社にて、
住宅政策や地域振興などのまちづくりに取り組む。
2005年にこれからは自転車の時代だと思い立ち、
自転車メーカーに転職し、駐輪場企業を経て、2016年起業。
自転車利用者の視点と、都市交通・都市政策の両面から
自転車政策や事業を考え、立案している。

※当日は、現地を視察した数名で発表予定です。

■日時と料金:
10月5日(金)
①<第1部>講演・意見交換会 19:00~21:00(講演会参加費:1,000円)
②<第2部>交   流   会 21:00~22:00(交流会参加費:1,000円)
※①②片方のみの参加もOKです
※学生無料

■場所:
Patia麹町
住所: 東京都千代田区麹町麹町3-12-11麹町田村ビル4F
アクセス:東京メトロ麹町駅から徒歩3分、半蔵門駅から徒歩4分
https://www.patia.tokyo/koujimachi/access

■申込:

【Peatix】
https://peatix.com/event/433820/

※IDのない方は、下記ページからもお申し込みができます。
【こくちーず】
https://kokucheese.com/event/index/537239/

■主催
VOLバイシクルプラスワン株式会社

サイクリングアイランド四国

いま四国がアツい!


“SHIKOKU”

なんとも良い響きです。

皆さんは四国に行かれたことはあるでしょうか?

最近では世界的にも有名になった自転車の聖地“しまなみ海道”は、広島と愛媛を結ぶ観光名所となっています。

そんな四国がいま、サイクリングアイランドとして生まれ変わろうとしています。

しまなみ海道で有名になった愛媛県ですが、四国にはまだまだ知られていない良い観光名所がいっぱいあるのです!

 

四国のイベントが行われました

3月23日に自転車カフェOVEで「サイクリングアイランド四国」を紹介するイベントが行われました。

これはOVEと自転車活用推進研究会(以下「自活研」)の共催で開かれたイベントです。

なんと四国のおいしい食材が味わえるお弁当つき!
(なんと写真を撮るのを忘れてしまいました・・・)

しかし、本当においしかったです。

そして、イベントでは四国の観光名所を全県から紹介していただけました。

どの県もとても素敵な景色や映像を見せていただいたのですが、自転車の観光にも力を入れているようでした。

サイクリングアイランド四国

そして後半はサイクリングアイランド四国の紹介。

いま、しまなみ海道の成功にとどまらず、四国全域で自転車観光を盛り上げようという動きが盛り上がっています。

まず何といっても“四国一周!”

なんと1000kmにも及ぶ距離の四国をサイクリングで一周してしまおうという試み。見どころもたくさんあり、とても魅力的な道のりです。

その他にも、とても魅力的な取り組みばかりですので、たくさん紹介したいのですが、それは次号でご紹介したいと思います!

 

横浜開港祭サイクルピクニックへ行ってきました

6月3日(土)に横浜開港祭へ行ってきました。
http://www.kaikosai.com/

横浜開港祭とは

横浜開港祭とは、1982年から続く今年で36回目を迎える歴史のあるお祭りです。
「港に感謝し、市民と共に横浜の開港記念日である6月2日を祝う“市民祭”」です。

そんな中、開港祭のイベントの一つであるサイクルピクニックに行ってきました。
http://www.kaikosai.com/event/cyclepicnic.html

サイクルピクニックとは

ヨコハマの風景を楽しみつつ自転車のある生活の心地良さと風を感じ、正しい乗り方などを知って頂ける自転車イベントを実施

するとのことです。
6月2日と3日の両日行っているのですが、私はアピール走行をするという3日に参加しました。

9時台に受付を済まして、10時スタートです。といっても、まずは交通安全ルールの確認から。


車道左側通行や、信号を守るといった、当然の話から入るのですが、実際にまだまだ守られていない現状を考えるとやむを得ないところです。ハンドサインの確認などもしてから、今度は全員で集まってオープニングセレモニーのようなものがありました。
横浜市道路局や交通局の方も来ていて、横浜市の本気度が伺えます。

走行が終わってからになりますが、完成したばかりという「みんなのサイクルルールブックよこはま」コンパクト版も配布されていました。

最近の自転車交通事情を踏まえて、かなり細かいところまで書いてくれています。

 

で、アピール走行へ

いよいよアピール走行へ出発です。

実際の走行は赤レンガ倉庫周辺の5.5kmだけなのですが、安全でマナーを守って、自転車の楽しさをアピールするということ。クルマと一緒に車道の左側を走ります。

 

ちゃんと数えてないのですが、参加者はスタッフの方も含めて70名ほどでしたでしょうか。
実際にはサイクルピクニックのイベント案内自体がそれほどされていないようでした。
アピールするにはもっともっと多くの参加者が必要に感じました。
今年は第1回目ということでしたので、来年以降の課題ですね。

その他のイベントも盛況でした

その他会場では、「こども自転車ゲーム」や「バスの死角体験」なども行われていました。
バスの死角体験は実際に体験してみましたが、バスの運転手さん大変なのがよくわかりました。

赤レンガ倉庫の周辺は、自転車走行空間の整備がだいぶ進んできていることもわかりました。

来年までにはさらに走行空間が整備され、来年はもっともっと大勢の参加者でにぎわうことを期待しています!

サイクリングバスツアーが人気のようです

 

以前、ご紹介したサイクリングバスツアーが人気のようです^^

最近、情報サイトなどでもよく紹介されるようになってきました。

↓観光バスに自転車を収納し都会を脱出…気持ちのいい郊外をサイクリング(CycleStyle)
http://cyclestyle.net/article/2017/03/23/46641.html

東京発着の観光バスに乗って、交通量の少ない郊外でのんびりサイクリングしたいという人にはうってつけのツアーなのだ。

ということのようです。

 

2月、3月の茨城ツアーは満席だったようですが、4月の富士山御殿場ツアーは、まだ申し込めるようですね(3月26日現在)。
http://www2.kokusaikogyo.co.jp/travel/cybus/gotemba/

お花見もできる、初心者の方にも優しいコースのようです。

 

ようやく寒い冬が終わり、本格的な自転車シーズン到来!

いろいろなところに出かけていきたいですね!

「自転車利用環境向上会議in静岡」に参加してきました

やってきました静岡。

本日は、静岡市にて「自転車利用環境向上会議in静岡」が開催されました。

自転車利用環境向上会議とは、3年前に金沢市で開催されたのを初めとして、その後宮崎市、宇都宮市と続いて、今年の静岡市での開催となりました。

会場はご覧の通り・・・

素晴らしい眺めです!

参加者も300名くらいいたでしょうか。
自転車熱の盛り上がりを感じます。
冒頭に静岡市の美濃部副市長のあいさつの後、講演および事例研究発表などが行われました。

講演「最近の道路行政を取り巻く話題」

最初の講演は、「最近の道路行政を取り巻く話題」として、国土交通省道路局環境安全課長の森山誠二氏から、ホットな話題提供でした。

先日12月に成立・公布された「自転車活用推進法」に絡み、自転車活用推進の担当課が国土交通省環境安全課に定められたとのことです。

外国人旅行者の増加や、自転車事故の高止まりを背景に、国土交通省としての取組のお話でした。

基調講演「自転車交通の未来 ~静岡から世界へ~」

続いて、埼玉大学大学院久保田教授より「自転車交通の未来 ~静岡から世界へ~」と題して基調講演が行われました。

かなりユーモアを交えた内容で、静岡市の取組の良さが報告されました。

なかでも2015年3月に策定された「静岡市自転車利用計画」は平成46年度に自転車の交通分担率30%を目標に掲げた内容で、それに基づき「静岡ブルー」と呼ばれる自転車通行帯があちこちに整備されているとのこと。

今日、現地を見て帰ることができなかったことがとても残念です。

説明会「安全で快適な自転車利用環境の創出について」

続いては「安全で快適な自転車利用環境の創出について」警察庁および国交省の担当者の方から説明がありました。

交通事故の状況説明を背景にして、警察の取組や自転車計画の策定状況、そして「安全で快適な自転車利用環境整備ガイドライン」の改訂のポイントについての説明でした。

事例研究会「事例発表・意見交換会」

続いて続いて「事例発表」。
静岡市、山口県宇部市、福岡市の取組の紹介で、どの事例も住民参加ワークショップなど、住民の意見の反映や参加が見られる素晴らしい事例ばかりでした。
こうした事例にぜひ私も取り組んでみたいと思うものばかりでした。

最後にサプライズで、第2回自転車利用環境向上会議の舞台、宮崎市のその後についての発表があり、計画以上に順調に進んでいる様子が報告されました。

ポスターセッション説明

次はポスターセッション。今日の会議は午後からの開催でしたが、どんだけあんねん!、と突っ込みを入れたくなるほど、盛りだくさんの内容です^^;

結局、すべてを見て話を聞くことができませんでしたが、かなり興味のある取り組みが多かったです。

来年はバイシクルプラスワンでも出展者として参加したいと思います。

素敵な懇親会

今日の〆は懇親会。
会場が素晴らしいところでした。


浮月楼
http://www.fugetsuro.co.jp/

懇親会もおそらく100名以上が参加。
会議の内容ももちろんですが、この人の自転車ネットワークが、他では得られない素晴らしいものでした。

このつながりをこの場だけに終わらせず、将来の自転車利用環境向上に必ずつなげなければと思います。


本当は明日も2日目の会議があるのですが、明日の用事のため、泣く泣く帰京・・・

来年の会議は愛媛県松山市とのことです!

霞ヶ浦のサイクリングバスツアーに参加してきました

安心して自転車を運べる「旅」

 

先日、霞ヶ浦を周遊するサイクリングバスツアーに参加をしてきました!

主催は、バスなどの交通事業や観光事業を行っている国際興業株式会社。バスツアーとサイクリングを組み合わせた、なんとも楽し気なツアーです!

サービス自体は数年前から実施されていて、ず~~と前から参加したいと思っていたのですが、ようやくその念願を叶えることができました^^
http://www2.kokusaikogyo.co.jp/travel/cybus/kasumigaura2/
(国際興業株式会社WEBサイト)

 

当日は、東京駅そばの国際興業株式会社本社前に朝7時に集合。
自転車をバスに積載します。
バス積載の様子1

 

この固定具とシステムが画期的!

高価なロードバイクを所有するサイクリストも、大事な愛車を連れ、安心して、しかも気軽に遠くまで旅をすることができます。

毛布でしっかりガードしてくれています。
01_bus-sekisai

前輪・後輪は外すのですが、きちんとホイールも安全にしまってくれます^^

 

聞くと30台ほどは積載できるようです。すごいですね!

 

既に新宿組の人が大勢乗っていました。
総勢17名。当日はあいにくの雨で「参加者も少ないのでは?」と思っていたのですが、皆さんの行動力すばらしいです!

 

行きの工程は2時間ほど。朝も早いので、しばしの睡眠タイムが与えられます。

途中、守谷のサービスエリアで休憩です。
守谷サービスエリア

 

 

出発地の土浦ラクスマリーナに到着

 

やがて、出発地点の土浦ラクスマリーナに到着。
ラクスマリーナ土浦

先導していただける茨城県サイクリング協会の方から簡単なオリエンテーションを受けました。

 

ここで自転車をレンタルする方は、自転車やヘルメットをレンタルします。

自転車はクロスバイクと小径車がありましたが、どちらも走りやすそうな良い自転車でした。
05_rentacycle

このレンタサイクルで手ぶらで参加できる感覚も、このツアーのメリットの一つ!
話を聞くと、自転車を持っている人も、よくレンタサイクルを利用しているとのこと。確かに便利です。

今回はなかったのですが、通常は温泉がセットになっているツアーが多いとのことです。サイクリングをして温泉に入って終わることができるというのもとてもいいですね。

 

雨でも快適な“つくば霞ヶ浦りんりんロード”

 

今日のルートはこんな感じです。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c56d18513ad463073a2cde543c93ba01

 

06_soukou
あいにくの雨でしたが、霞ヶ浦沿いのサイクリングロードは快適そのもの! ぜひまた走りに来たいと思うほどの走行環境でした。

ちなみに今年の7月に“つくば霞ヶ浦りんりんロード”という名称に決まったそうです。
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/chikei/kennan/20160715.html

集団行動なので、写真を撮っている余裕がなかったのですが、スタート地点では矢羽根で自転車走行ルートが明確に示されていました。これはすごく良かったです。

 

エイドステーションも充実

 

18kmほどを1時間ほどでゆっくり走ると、最初のエイドステーションの歩崎かすみキッチンで休憩です。
07_aid1

 

おいしいミックスベリースムージーとあつあつモンブランです^^
08_aid1-209_aid1-3

 

聞くとまだできて1年くらいとのこと。カフェやレストランとしての利用も良いのですが、なんとここでもレンタサイクルを実施しています。
10_aid1-4

 

 

霞ヶ浦は日本のブルージュ!?

 

また、走り始めて、ようやく雨も小降りに。

とてものどかで、私はベルギーのブルージュを思い出しました。

 

ブルージュではレンタサイクルを借りて、運河沿いのサイクリングロードを走ったのですが、これまた素敵な都市でした。

ブルージュは、ベルギーの中世の街並みが残る、歴史観光都市。それでありながら、水辺ののどかな空間と自転車で走りやすい空間が存在していました。
霞ヶ浦周辺も“ブルージュ”のような良さの残る素敵な都市として打ち出せれば、インバウンドの方にも人気の観光都市になる。ふと、そんな気がしながら走っていました^^

ブルージュはこんな感じです。
19_bruges120_bruges221_bruges3

 

20kmほど走って、次のエイドステーション天王崎コテラスに着きました。
13_aid213_aid2-2

 

 

サツマイモの里“なめがたファーマーズヴィレッジ”

 

ここまで平坦でしたが、最後は霞ヶ浦を離れて東の北浦方面に向かいます。
途中、少しオフロードな道の体験もしながら、なんとか今日の目的地“なめがたファーマーズヴィレッジ”に到着。

もともとは小学校だった跡地を活用して、素敵な空間ができていました。
14_namegata15_namegata2

 

やはり運動のあとの食事はうまい^o^
16_namegata3

 

行方市は、さつまいもが有名のようですね。鹿児島に次いで全国2位の産地とのことです。
おいものお土産を買って、帰路につきました。
17_namegata4

 

 

輪行にはない楽しさでした^^

 

のんびり東京に到着!
18_touchaku

本格的に自転車にも乗れて、このゆったり感で帰ることができるのも、サイクリングバスツアーの魅力です。

電車での輪行も楽しいですが、混んだ電車の中に自転車を積むあのいたたまれなさは何とも言えないものがありますよね。

主催の国際興業の皆さま、迎えてくださったサイクリング協会・施設の皆さま、一緒に走った皆さま、ありがとうございました!

茨城県の良さも再認識できました^-^

 

サイクルモード2016に行ってきました!

今年は何かが違う

今年もこの季節がやってきました!

サイクルモード2016。毎年の愉しみです。

会場は海浜幕張駅近くの幕張メッセ。毎年同じ会場です。

私は電車で行ったのですが、会場に近づくと長蛇の列が??

なんと、駐輪場待ちだったようです。

byバイチャリによる駐輪場
161105-01_tyurinjo

う~ん、素晴らしい!なんと警備員らしき人も見受けられる。

会場に入るといつものごとく、DEROSAのブースが目の前に
161105-02_derosa

さすがの位置取りです。

 

で、今年の注目は?

しばらく歩いて最初の方で、まず注目したのはこちら!
161105-03_pedalnote

まあ、これだけじゃさっぱりわからないと思いますが、PedalNoteという自転車盗難を防いでくれるものらしいです。

防いでくれるというより、盗まれても見つかるというもの。
原理はアプリを入れている別のユーザーが近くを通るとビーコンが反応し、盗まれた本人に知らせてくれるというもの。
別のユーザーには報奨金があることで、アプリを入れるインセンティブを働かせるというものです。
うーん、うまく考えてますが、この手のものは最近多くなってきてまして、どこが勝ち残るか注目です。
しかし、保険のような商品設計やメンテナンスとの連動などいろいろ工夫があるようで、注目です。

次に興味を引いたのはこちら!
161105-04_sena

ヘルメットに最初からアクションカメラと通話機能を持たせたようです!

SENAというメーカーです。

しかもスマホなしでBluetoothで通話可能とのこと。距離も500mほど大丈夫とのことでした。

来年春頃の販売を目指しているそうです。デザインがもう数パターン欲しいかもですが、おもしろい商品でした。

ひときわ目を引いたサイクルデザイン学校の卒業制作
161105-05_cycleschool

久しぶりにサイクルモードに戻ってきたKhodaabloom
161105-06_khodaa

メインステージも盛況でした
161105-07_ivent

おなじみとなったサイクルロッカー
161105-08_cyclelocker

最近はマンションや公共的な施設など、いろんなところで見るようになってきました。

私の生まれ故郷石川県は七尾市からの出展
161105-09_ishikawa

がんばってほしいです。

妻の実家のある茨城県からは、なんと矢羽根で演出
161105-10_ibaraki

お見事です!
ユーザーも多くにぎわっていました。

最近インバウンドにも力を入れている北海道北広島市
161105-11_kitahiroshima

360度パノラマで実際に北広島のまちを走っている雰囲気が味わえるとのこと。
乗ってみたかったですが、ずっと人気で人が絶えませんでした。
人力のアナログな風も魅力的でした。

ブースでの新城選手のトークショー
161105-12_arashiro

こんな偉大な選手がこんなに近くで触れ合えるというのもサイクルスポーツの魅力ですね!

栃木スポーツコミッションのブース
161105-13_coffee

「コーヒー無料提供中」
ちょっとしたサービスですが、飲んでる間はブースの展示をついつい見てしまいました。なかなか有効な仕掛けですね。

帰りにはイルミネーションがきれいになっていました^^
161105-14_ilumi

いつも試乗もする気満々で行くのですが、だいたい時間がなくて終わっちゃうんですよね。
来年からは、2日間かなぁ・・・

 

第5回スポーツツーリズム・カンファレンスに参加してきました

日本スポーツツーリズム推進機構主催の第5回スポーツツーリズムカンファレンスに参加してきました。
http://sporttourism.or.jp/articles/announcements/20160913_5051.html

パナソニック株式会社、経済産業省の方の基調講演の後、分科会が行われました。

私は、

前半は『スポーツとまちづくり』

後半は『プロスポーツと地域活性化』

に参加しました。

 

とても印象に残ったことは、

これまでのコストセンターとしてのスポーツから、

プロフィットセンターとしてのスポーツへ、

つまり、産業として稼ぐことのできるスポーツ

への変革が進んでいるとのこと。

海外と比較しても、日本はまだまだスポーツ産業として伸びる余地があるとのことでした。

また、地図のゼンリンの方からは、自転車スポーツイベントでの地図づくりにおいて、

運営情報などソフト面の地図作りの重要性が語られ、大変興味深い話でした。

今回のカンファレンスでは、自転車の話題はまだまだ中心となる話題ではありませんでしたが、これからは

スポーツツーリズムと言えば「自転車」

と言われるように取り組んでいきたいと思います。