「自転車政策」カテゴリーアーカイブ

自転車活用推進計画案のパブリックコメント募集

2018年4月13日に第4回有識者会議(自転車の活用推進に向けた有識者会議)が開催されました。
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/bicycle-up/index.html

この配布資料に概ねの内容が載っているのですが、
この会議を受けて、4月27日から「自転車活用推進計画(案)」がいよいよ公表されました。

そして5月10日までパブリックコメントを行っています。

http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000975.html

 

暮らしやすく快適な自転車社会に向けて、ぜひとも建設的な意見を寄せましょう!

 

5月10日追記

パブリックコメントの意見を当社代表として、意見提出しました。

本当はもっともっとたくさん言いたいことはあったのですが、あまり多いと1つ1つの価値がかなり薄まってしまうので、4つに絞りました。

かなり集約は大変かと思いますが、国民の意見をどのようにくみ取ってもらえるか、楽しみです。

以下、提出資料からそのまま転載します。

~~~~~~~~以下、転載~~~~~~~~

・大きくは、次の4つをお願いできればと思います。

<1.15番目の施策『自転車安全利用の促進』において「自転車ルール遵守を達成するための課題の検討」という措置の追加をお願いします。>

<2.「サイクルトレインを、観光と関係ない分野(例えば6番目の施策「まちづくりと連携した取組」など)で入れていただきますようお願いします>

<3.4番目の施策『地域ニーズに応じた駐輪場の整備』の③に関して、「鉄道事業者への積極的な協力を求めていく」とありますが、「等」を入れて「鉄道事業者等」としていただきますようお願いいたします>

<4.数値目標については、『政策の目的となる指標』を入れていただきますようお願いいたします。(例:CO2削減目標、交通事故削減目標、自転車での観光入込客、健康人口の割合、医療費の削減目標、など)>

 

<1.15番目の施策『自転車安全利用の促進』において「自転車ルール遵守を達成するための課題の検討」という措置の追加をお願いします。>

・自転車ルールの遵守が現在ほとんどできていないことは、周知の事実であり、とても大きな課題であることは言うまでもないかと思います。

・多くの措置をあげていただき、また「公務員へのルール周知徹底」によって見本を示すことは本当に良いことだと思います。

・しかし、そもそも守ることのできない道交法のルール(歩道での徐行、右左折時のハンドサインなど)があることで、ルールの遵守は実現できないのではないでしょうか。

・守ることのできないルールがあることで、結局「守らなくてよい」という風潮を作り出しているのではないでしょうか。

・また、「サイクルツーリズム(大規模自転車道の整備)」等ともからみますが、多くのサイクリングロードは自歩道であり、ルールを遵守していては徐行になり、快適なサイクリングができない環境にあります。

・以上を踏まえ、ぜひともこの課題の解決のために「課題の検討」だけでもよいので、措置に盛り込んでいただければと思います。

 

<2.「サイクルトレイン等を、観光と関係ない分野(例えば6番目の施策「まちづくりと連携した取組」など)で入れていただきますようお願いします>

・法第8条の基本方針に「11. 自転車と公共交通機関との連携の促進」がありますが、「鉄道駅での駐輪場整備」「シェアサイクルと鉄道の連携」「観光でのサイクルトレイン等」以外の視点が見当たらないと認識しています。

・計画案の中に、「自家用車利用を、公共交通機関の利用との組み合わせを含めた自転車利用へ転換する」とありますが、現在の措置の中では「シェアサイクルの利用」のみがこの視点になっているように感じられます。

・東京と地方によって状況が全く異なってくると思われますが、自家用車からの転換においては、地方におけるポテンシャルが高いと思われます。シェアサイクルでできればそれでもよいですが、その実現が確実でない限りはその他の施策として「サイクルトレイン・サイクルバス」等の施策も必要ではないでしょうか。

・欧州等の例を持ち出すまでもなく、観光に限らず、サイクルトレイン等は非常に有効な施策かと考えます。よろしくお願いします。

 

<3.4番目の施策『地域ニーズに応じた駐輪場の整備』の③に関して、「鉄道事業者への積極的な協力を求めていく」とありますが、「等」を入れて「鉄道事業者等」としていただきますようお願いいたします>

・まず前提として私は鉄道事業者の利害関係者でないことをお伝えしておきます。

・駐輪場の整備に関しては、鉄道駅の周辺における駐輪場整備により、大幅に放置自転車を削減されてきたことは、本当に素晴らしいことと思います。

・それにより、鉄道駅への通勤・通学需要に限らず、商店街等での買い物利用など、様々なニーズに対応した駐輪場が求められていることは、まさにご指摘されている通りかと思います。

・ひるがえって、日常利用での自転車利用者の立場で考えてみると、買い物利用以外に業務利用としての自転車利用がありますが、オフィスビルに駐輪場がないことも大きな課題となっています。

・通勤・通学ではない自転車利用者の立場で見ると、自転車を利用しない理由としては「駐輪場がないから」という理由が非常に多くあります。鉄道駅でも不足している地域はありますが、オフィスビル内に利用できる駐輪場がないことも、自転車利用を大きく妨げている理由かと思われます。

・今回の計画ではオフィスビルに関する視点がどこにも見当たりませんが、その視点を入れるためにも、どこかに入れておく必要があると考えた次第です。

・自転車利用率の向上にとって、非常に大きな問題かと思います。よろしくお願いします。

 

<4.数値目標については、『政策の目的となる指標』を入れていただきますようお願いいたします。(例:CO2削減目標、交通事故削減目標(全体)、自転車での観光入込客、健康人口の割合、医療費の削減目標、など)>

・今回の計画で数値目標を設定されたことは、本当に素晴らしいことと思います。

・どれも目標達成への意気込みが感じられるすばらしい設定だと感じますが、KPI(重要業績評価指標)が多く、KGI(重要目標達成指標)がほとんどないように感じます。

・法の基本理念にもあるように、交通安全だけでなく、健康増進や環境負荷低減など、多くの効果があるからこそ、予算をかけてまで自転車利用が政策として推進されるべきかと思います。

・「サイクルポートの設置数」や「交通安全指導の学校の割合」等もとても大切ですが、それを達成した結果、健康増進や交通安全、環境負荷低減がどのように達成されるかが最も重要ではないでしょうか。

・自転車だけが政策ではないためKGIの設定は難しい面がありますが、KPIを達成したところでKGIが達成できなければ、何の意味もないことに大切な税金を使ったことになってしまいます。

・指標の設定にあたっては、そもそも現在その指標がないものもあるかと思います。しかし、それであればなおさら施策の検証もできないと思いますので、これを機にぜひ指標の設定と統計の整理をお願いできればと思います。

 

より良い自転車社会に向け、自転車活用推進計画のアンケートにご協力ください!

昨年5月に施行されました「自転車活用推進法」に基づき、国(自転車活用推進本部)では、『自転車活用推進計画』の策定に向け準備を進めています。

3月14日に、その『自転車活用推進計画』の骨子が公表され、同時にアンケートを実施しています。
(↓国土交通省WEBサイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000955.html

より良い自転車社会の実現に向けて、ぜひアンケートにご協力ください!

アンケートおよび骨子の概要を以下に整理しておきました。

 

アンケートの概要

■趣旨

  • 2018年夏を目標に、『自転車活用推進計画』の作成を予定。
  • 『自転車活用推進計画』では、「目標」や「施策」について整理。
  • この度、その計画の骨子を作成。
  • 広く国民から意見を募るため、アンケートを実施。

■アンケートの実施期間

2018年3月14日~3月27日

■アンケートの内容

  1. 自転車の利用状況等について
  2. 自転車活用推進計画の骨子について

■アンケート方法

下記URLより回答
https://enq.internet-research.jp/open/zVeZOeSZT3O4ysD7CwPRMQ

 

『自転車活用推進計画』の骨子の概要

見ていただくとすぐにわかりますが、全部で5ページしかありません。

内容はこんな感じです。

1.総論
(1)自転車活用推進計画の位置付け
(2)計画期間
(3)自転車を巡る現状
2.自転車の活用の推進に関する目標及び実施すべき施策
3.自転車の活用の推進に関し講ずべき措置
4.自転車の活用の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推
進するために必要な事項

この見出しにそってポイントだけ記載します。

1.総論

(1)自転車活用推進計画の位置付け

  • これまでは2つの個別法で対応してきたが、新たな課題解決のため、同法を施行。
  • 「自転車の利用を増進し、交通における自動車への依存の程度を低減することによって、公共の利益の増進に資する」こと等を基本理念とする同法が施行。
  • 同法9条に基づき定める計画である。
  • 我が国の自転車の活用の推進に関して基本となる計画として位置付ける。

(2)計画期間

2020年度まで

(3)自転車を巡る現状

自転車を取り巻く社会的課題として、

  • 地球温暖化対策
  • 通行空間の問題
  • 事故の問題
  • コンパクトシティの形成
  • 高齢者の運転免許返納者数の増加
  • 健康
  • インバウンド・観光
  • 災害時の活用

などの観点から記載されています。

2.自転車の活用の推進に関する目標及び実施すべき施策

4つの大きな目標と、その達成のための施策が記載されています。

  • 目標1 自転車交通の役割拡大による良好な都市環境の形成
  • 目標2 サイクルスポーツの振興等による活力ある健康長寿社会の実現
  • 目標3 サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現
  • 目標4 自転車事故のない安全で安心な社会の実現

目標達成のための施策については、同法8条の15の基本方針を振り分ける形での記述がされています。

■目標1
第1号 自転車専用道路・自転車専用通行帯等の整備
第2号 路外駐車場の整備、時間制限駐車区間の指定見直し
第3号 シェアサイクル施設の整備
第7号 情報通信技術等の活用による自転車の管理の適正化
第11号 自転車と公共交通機関との連携の促進
第15号 その他特に必要な施策

■目標2
第4号  自転車競技施設の整備
第9号  自転車活用による国民の健康の保持増進
第10号  学校教育等における自転車活用による青少年の体力の向上

■目標3
第13号 自転車を活用した国際交流の促進
第14号 観光旅客の来訪の促進

■目標4
第5号 高い安全性を備えた良質な自転車の供給体制の整備
第6号  自転車安全に寄与する人材の育成及び資質の向上
第8号  交通安全に係る教育及び啓発
第12号 災害時の自転車の有効活用体制の整備
(再掲)第1号 自転車専用道路・自転車専用通行帯等の整備

3.自転車の活用の推進に関し講ずべき措置

  • 「具体的な措置について記述する」

としか書いてありません。有識者会議でもこれから検討するようです。

4.自転車の活用の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

  • 関係機関の連携・協力
  • 進捗状況を毎年度フォローアップ。2020年度に見直し。
  • 国は財政上の措置を講じる
  • 統計・分析、調査・研究、広報活動を実施
  • その他

という感じです。

 

まずは意見表明、そして参加することが大切です。

ご協力よろしくお願いします。

自転車活用推進法の行方(その2):初めての自転車活用推進本部会合が行われました

2017年(平成29年)6月13日、初めての自転車活用推進本部会合が行われました

(時事通信社WEBサイト)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061300593&g=eco

(国土交通省自転車活用推進本部WEBサイト)http://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/meeting/index.html

5月1日に自転車活用推進本部が置かれてから、ようやく実現したわけですが、これからの加速に期待したいところです。

自転車活用推進本部会合(第1回)の内容

で、内容は?というところですが、議事については以下のようになっています。

(1)本部員の追加について
(2)自転車活用推進本部の運営等について
(3)今後の進め方について

そして、会合の時間ですがなんと

9:15~9:22

なんと7分ということです。それもそのはず

本部員の構成ですが、

石井 啓一 国土交通大臣(本部長 )
高市 早苗 総務大臣
松野 博一 文部科学大臣
塩崎 恭久 厚生労働大臣
世耕 弘成 経済産業大臣
山本 公一 環境大臣
菅 義偉 内閣官房長官
松本 純 国家公安委員会委員長
加藤 勝信 内閣府特命担当大臣(交通安全対策)

ということ。ここでそんなに議論はできそうにありませんね。

大きな話では、法9条の「自転車活用推進計画」の策定について概ね1年後という基準が示されました。

今後の進め方

今後の進め方について(資料5)が参考になるので、引用しておきます。
http://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/meeting/01pdf/05.pdf

具体的な議論は自転車活用推進関係府省庁連絡会議で行われていくようです。

今後の進め方について(案)
平成29年 5月 1日 自転車活用推進法施行
6月13日 自転車活用推進本部会合(第1回)の開催
※今後、自転車活用推進関係府省庁連絡会議を、適宜開催。
※本部会合については、下記検討事項の進捗状況等、必要に応じ開催。
[検討課題]
○ 平成30年度自転車活用推進関係予算
○ 自転車活用推進計画の策定(自転車活用推進法第9条)
概ね1年後を目途に策定する。
○ 自転車活用推進に関する重要事項、施策の実施の推進方策等の検討
○ その他自転車活用推進法附則に掲げられた検討事項等
・ 自転車活用推進を担う行政組織の在り方の検討等
・ 自転車の運転に関する道路交通法違反への対応の在り方についての検討等
・ 自転車の運行により人の生命等が害された場合の損害賠償保障制度についての検討等
[留意点]
○ 自転車活用推進計画の策定に際しては、有識者をはじめ、国民の幅広い意見を伺うものとする。

自転車活用推進関係府省庁連絡会議

自転車活用推進関係府省庁連絡会議の構成員と目的は以下の通り。(資料3)
http://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/meeting/01pdf/03.pdf

<議 長>
国土交通省自転車活用推進本部事務局長
<構成員>
内閣官房内閣審議官
内閣府大臣官房総括審議官
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
警察庁交通局長
金融庁監督局長
消費者庁次長
総務省大臣官房総括審議官
文部科学省スポーツ庁次長
厚生労働省健康局長
経済産業省製造産業局長
環境省地球環境局長

<目的>

  • 自転車活用推進本部における自転車活用推進計画の案の作成
  • 同計画に基づく施策の実施の推進
  • 自転車の活用の推進について必要な関係行政機関相互の調整
  • 自転車の活用の推進に関する重要事項に関する審議
  • 自転車の活用の推進に関する施策の実施の推進

 

 

自転車活用推進法の行方(その1)

自転車活用推進法施行

 

2017年5月1日、自転車活用推進法がついに施行されました!


自転車活用推進法が施行、専用道整備などへ新組織
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15978700S7A500C1000000/

この法律は2016年12月16日に成立し、施行日が決まっていませんでしたが、先月の終わりにようやく施行日が決まり、急いで施行されました。

 

自転車活用推進法とは?

そもそも自転車活用推進法とは何でしょうか?

これまでにも自転車に関する法律は、

 

  1. 自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律(通称:改正自転車法)
  2. 自転車道の整備に関する法律
  3. 交通政策基本法

 

というものがありました。

しかし、A,Bは個別法と呼ばれ、駐輪場の整備や自転車道に関する内容など、具体的な個別案件に関する法律です。

また、Cは自転車を含めた交通政策全般の基本理念を示す、大きな概念の法律であり、つまりこの間をつなぐ役割の法律が必要だったのです。

つまり、自転車活用の基本理念を定めた法律となっています。

法律の細かな点については、次回以降、順次取り上げていきたいと思います。

 

これから日本の自転車環境は変わるのか?

 

では、この法律によって、日本の自転車社会はどうなっていくのでしょうか。

法律の施行はつい先日ですが、既に道路環境では大きな変化が起こってきています。

ここ数カ月の車道の路面標示の変化はものすごいものがありました。

 

これから大きく環境が変わっていくことでしょう!