デンマークの自転車交通:自転車活用推進研究会の講演より

本日は、NPO自転車活用推進研究会の緊急特別国際セミナーがありました。
https://www.cyclists.jp/seminar/20181012.html

「デンマークの自転車文化と子どものための自転車教育」と題して、デンマークの都市プランナー、ロッテ・ベックさんの講演でした。

子どもの自転車教育の話が中心とのことで、交通政策の話は少なかったのですが、講演後に質疑応答の時間をたくさんとっていただき、すごくためになる内容でした。

ぜひとも紹介したい内容でしたので、報告させていただきます!

 

<ものすごく簡単にまとめた今日の話の内容>

以下、気になった部分だけメモした内容ですが、ご紹介です。

  • Kindergardenでの自転車教育はゲーム形式。まずは楽しむことを重視した内容。
  • 1942年から自転車テストを行っている。8-9歳時や12歳時の警察テストなど段階があるとのこと。ただし、8-9歳では1人で自転車に乗るのはまだ危ないとのこと。
  • デンマークではRoad Safety Councilの存在が非常に大きい。警察に対する教育までやっているとのこと。

 

<日本の自転車交通を良くするために何が必要か?>

最後の質問で、「日本の自転車交通にとって何が必要か?」という素晴らしい質問が出されて、その回答がとても参考になりました!実際に日本の道路を走ってみての感想を踏まえて、デンマークとの違いで語っていただきました。

 

  1. まずは乗っている人が安全だと感じられること(=安心)がとても大事
  2. はっきりと走行レーンを分けることがとても大事(デンマークは車道、自転車道、歩道がすべて段差で区分けされている)
  3. 日本はルールを守っていない(ことがデンマークと違う)
  4. 駐輪場がないことも問題(都庁の職員が自転車通勤したくても、駐輪場がなくてできない)
  5. 「●●kmここからここまで走らせる」という目的を持ったネットワークが必要
  6. デンマークは、国道・都道・市区町村道などの道路管理者の縦割りによる弊害があまりない(一体で整備できる)
  7. デンマークは、電車に自転車を載せられるから、雨や雪が降る時でも安心して自転車で走ることができる

 

いろいろありますが、まずは最初に言っておられた「安全を感じる」ための取組みをやっていきたいですね!

 

自転車まちづくりセミナー開催報告

10月5日(金)夜19時から、自転車まちづくりセミナー「ヨーロッパのまちづくりと自転車生活」を開催いたしました。

当日は、自転車好きな方、コンサルタントの方、まちづくり関係者、行政の方、教育関係者、環境問題に関心の方など、様々な経歴をお持ちの方にお集まりいただきました。

ご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました!

また、開催に当たりご協力をいただきました皆さん、本当にありがとうございました!

ヨーロッパの視察は4回目になりますが、あらためて見聞きしたこと、そして感じたことを中心にお話をさせていただきました。

お伝えしたいことがたくさんあって、資料が多くなってしまい、駆け足の説明になってしまったことを反省しています。
また、報告だけでなく意見交換や議論を大切にしたいと考えておりましたが、深い議論にまで至らなかったのは、運営側の企画力不足とこちらも反省しております。

これらの反省点は次回に活かして、より充実した内容のセミナーを今後も開催していきたいと思います。

 

また、いただきましたアンケートの結果もここで共有させていただきます。

参加者アンケート結果

次回に向けて、深い議論を求めていただいたこと、様々なテーマをご希望いただいたことを胸に、次回の企画に活かしたいと思います。

ありがとうございました。