霞ヶ浦のサイクリングバスツアーに参加してきました

安心して自転車を運べる「旅」

 

先日、霞ヶ浦を周遊するサイクリングバスツアーに参加をしてきました!

主催は、バスなどの交通事業や観光事業を行っている国際興業株式会社。バスツアーとサイクリングを組み合わせた、なんとも楽し気なツアーです!

サービス自体は数年前から実施されていて、ず~~と前から参加したいと思っていたのですが、ようやくその念願を叶えることができました^^
http://www2.kokusaikogyo.co.jp/travel/cybus/kasumigaura2/
(国際興業株式会社WEBサイト)

 

当日は、東京駅そばの国際興業株式会社本社前に朝7時に集合。
自転車をバスに積載します。
バス積載の様子1

 

この固定具とシステムが画期的!

高価なロードバイクを所有するサイクリストも、大事な愛車を連れ、安心して、しかも気軽に遠くまで旅をすることができます。

毛布でしっかりガードしてくれています。
01_bus-sekisai

前輪・後輪は外すのですが、きちんとホイールも安全にしまってくれます^^

 

聞くと30台ほどは積載できるようです。すごいですね!

 

既に新宿組の人が大勢乗っていました。
総勢17名。当日はあいにくの雨で「参加者も少ないのでは?」と思っていたのですが、皆さんの行動力すばらしいです!

 

行きの工程は2時間ほど。朝も早いので、しばしの睡眠タイムが与えられます。

途中、守谷のサービスエリアで休憩です。
守谷サービスエリア

 

 

出発地の土浦ラクスマリーナに到着

 

やがて、出発地点の土浦ラクスマリーナに到着。
ラクスマリーナ土浦

先導していただける茨城県サイクリング協会の方から簡単なオリエンテーションを受けました。

 

ここで自転車をレンタルする方は、自転車やヘルメットをレンタルします。

自転車はクロスバイクと小径車がありましたが、どちらも走りやすそうな良い自転車でした。
05_rentacycle

このレンタサイクルで手ぶらで参加できる感覚も、このツアーのメリットの一つ!
話を聞くと、自転車を持っている人も、よくレンタサイクルを利用しているとのこと。確かに便利です。

今回はなかったのですが、通常は温泉がセットになっているツアーが多いとのことです。サイクリングをして温泉に入って終わることができるというのもとてもいいですね。

 

雨でも快適な“つくば霞ヶ浦りんりんロード”

 

今日のルートはこんな感じです。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c56d18513ad463073a2cde543c93ba01

 

06_soukou
あいにくの雨でしたが、霞ヶ浦沿いのサイクリングロードは快適そのもの! ぜひまた走りに来たいと思うほどの走行環境でした。

ちなみに今年の7月に“つくば霞ヶ浦りんりんロード”という名称に決まったそうです。
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/chikei/kennan/20160715.html

集団行動なので、写真を撮っている余裕がなかったのですが、スタート地点では矢羽根で自転車走行ルートが明確に示されていました。これはすごく良かったです。

 

エイドステーションも充実

 

18kmほどを1時間ほどでゆっくり走ると、最初のエイドステーションの歩崎かすみキッチンで休憩です。
07_aid1

 

おいしいミックスベリースムージーとあつあつモンブランです^^
08_aid1-209_aid1-3

 

聞くとまだできて1年くらいとのこと。カフェやレストランとしての利用も良いのですが、なんとここでもレンタサイクルを実施しています。
10_aid1-4

 

 

霞ヶ浦は日本のブルージュ!?

 

また、走り始めて、ようやく雨も小降りに。

とてものどかで、私はベルギーのブルージュを思い出しました。

 

ブルージュではレンタサイクルを借りて、運河沿いのサイクリングロードを走ったのですが、これまた素敵な都市でした。

ブルージュは、ベルギーの中世の街並みが残る、歴史観光都市。それでありながら、水辺ののどかな空間と自転車で走りやすい空間が存在していました。
霞ヶ浦周辺も“ブルージュ”のような良さの残る素敵な都市として打ち出せれば、インバウンドの方にも人気の観光都市になる。ふと、そんな気がしながら走っていました^^

ブルージュはこんな感じです。
19_bruges120_bruges221_bruges3

 

20kmほど走って、次のエイドステーション天王崎コテラスに着きました。
13_aid213_aid2-2

 

 

サツマイモの里“なめがたファーマーズヴィレッジ”

 

ここまで平坦でしたが、最後は霞ヶ浦を離れて東の北浦方面に向かいます。
途中、少しオフロードな道の体験もしながら、なんとか今日の目的地“なめがたファーマーズヴィレッジ”に到着。

もともとは小学校だった跡地を活用して、素敵な空間ができていました。
14_namegata15_namegata2

 

やはり運動のあとの食事はうまい^o^
16_namegata3

 

行方市は、さつまいもが有名のようですね。鹿児島に次いで全国2位の産地とのことです。
おいものお土産を買って、帰路につきました。
17_namegata4

 

 

輪行にはない楽しさでした^^

 

のんびり東京に到着!
18_touchaku

本格的に自転車にも乗れて、このゆったり感で帰ることができるのも、サイクリングバスツアーの魅力です。

電車での輪行も楽しいですが、混んだ電車の中に自転車を積むあのいたたまれなさは何とも言えないものがありますよね。

主催の国際興業の皆さま、迎えてくださったサイクリング協会・施設の皆さま、一緒に走った皆さま、ありがとうございました!

茨城県の良さも再認識できました^-^

 

サイクルモード2016に行ってきました!

今年は何かが違う

今年もこの季節がやってきました!

サイクルモード2016。毎年の愉しみです。

会場は海浜幕張駅近くの幕張メッセ。毎年同じ会場です。

私は電車で行ったのですが、会場に近づくと長蛇の列が??

なんと、駐輪場待ちだったようです。

byバイチャリによる駐輪場
161105-01_tyurinjo

う~ん、素晴らしい!なんと警備員らしき人も見受けられる。

会場に入るといつものごとく、DEROSAのブースが目の前に
161105-02_derosa

さすがの位置取りです。

 

で、今年の注目は?

しばらく歩いて最初の方で、まず注目したのはこちら!
161105-03_pedalnote

まあ、これだけじゃさっぱりわからないと思いますが、PedalNoteという自転車盗難を防いでくれるものらしいです。

防いでくれるというより、盗まれても見つかるというもの。
原理はアプリを入れている別のユーザーが近くを通るとビーコンが反応し、盗まれた本人に知らせてくれるというもの。
別のユーザーには報奨金があることで、アプリを入れるインセンティブを働かせるというものです。
うーん、うまく考えてますが、この手のものは最近多くなってきてまして、どこが勝ち残るか注目です。
しかし、保険のような商品設計やメンテナンスとの連動などいろいろ工夫があるようで、注目です。

次に興味を引いたのはこちら!
161105-04_sena

ヘルメットに最初からアクションカメラと通話機能を持たせたようです!

SENAというメーカーです。

しかもスマホなしでBluetoothで通話可能とのこと。距離も500mほど大丈夫とのことでした。

来年春頃の販売を目指しているそうです。デザインがもう数パターン欲しいかもですが、おもしろい商品でした。

ひときわ目を引いたサイクルデザイン学校の卒業制作
161105-05_cycleschool

久しぶりにサイクルモードに戻ってきたKhodaabloom
161105-06_khodaa

メインステージも盛況でした
161105-07_ivent

おなじみとなったサイクルロッカー
161105-08_cyclelocker

最近はマンションや公共的な施設など、いろんなところで見るようになってきました。

私の生まれ故郷石川県は七尾市からの出展
161105-09_ishikawa

がんばってほしいです。

妻の実家のある茨城県からは、なんと矢羽根で演出
161105-10_ibaraki

お見事です!
ユーザーも多くにぎわっていました。

最近インバウンドにも力を入れている北海道北広島市
161105-11_kitahiroshima

360度パノラマで実際に北広島のまちを走っている雰囲気が味わえるとのこと。
乗ってみたかったですが、ずっと人気で人が絶えませんでした。
人力のアナログな風も魅力的でした。

ブースでの新城選手のトークショー
161105-12_arashiro

こんな偉大な選手がこんなに近くで触れ合えるというのもサイクルスポーツの魅力ですね!

栃木スポーツコミッションのブース
161105-13_coffee

「コーヒー無料提供中」
ちょっとしたサービスですが、飲んでる間はブースの展示をついつい見てしまいました。なかなか有効な仕掛けですね。

帰りにはイルミネーションがきれいになっていました^^
161105-14_ilumi

いつも試乗もする気満々で行くのですが、だいたい時間がなくて終わっちゃうんですよね。
来年からは、2日間かなぁ・・・

 

第5回スポーツツーリズム・カンファレンスに参加してきました

日本スポーツツーリズム推進機構主催の第5回スポーツツーリズムカンファレンスに参加してきました。
http://sporttourism.or.jp/articles/announcements/20160913_5051.html

パナソニック株式会社、経済産業省の方の基調講演の後、分科会が行われました。

私は、

前半は『スポーツとまちづくり』

後半は『プロスポーツと地域活性化』

に参加しました。

 

とても印象に残ったことは、

これまでのコストセンターとしてのスポーツから、

プロフィットセンターとしてのスポーツへ、

つまり、産業として稼ぐことのできるスポーツ

への変革が進んでいるとのこと。

海外と比較しても、日本はまだまだスポーツ産業として伸びる余地があるとのことでした。

また、地図のゼンリンの方からは、自転車スポーツイベントでの地図づくりにおいて、

運営情報などソフト面の地図作りの重要性が語られ、大変興味深い話でした。

今回のカンファレンスでは、自転車の話題はまだまだ中心となる話題ではありませんでしたが、これからは

スポーツツーリズムと言えば「自転車」

と言われるように取り組んでいきたいと思います。